2004年6月より、10年間皆さんにご愛顧頂いてきましたシェアードオフィス「SO!」は今月末、Webサイトの完全リニューアルを致します。

前回、当コーナーで、今、なぜ『もう一つの仕事場』なのか!のタイトル記事を書きましたが、国内でまだ「シェアードオフィス」という言葉は勿論、今は一般的に通用しているシェアオフィスさえも、「なんだ!それは!」という時代に、既存のレンタルオフィスのサイトとはデザイン一新のSO!のWebサイトは、若いフリーランスや個人起業者に結構なインパクトで迎えられました。

余談になりますが、2004年1月赤坂でシェアードオフィス「SO!Akasaka787」のオープン直前、NHKの「おはよう日本」の番組担当者から電話取材がありましたが、私の説明不足なのか、取材スタッフの方が、既存の「レンタルオフィス」との違いがもう一つ良く分らないとのことで、結果として番組内で取り上げて頂けなかったことがありました。

 

ともあれ、それから10年を経た現在、東京都内やその近郊には、レンタルオフィスやシェアオフィス、更には、新しいスタイルのコ・ワーキングオフィスなども急増しており、SO!では、以前から模索してきました「その次の共有空間」として、起業家や個人事業者のシェアオフィスと共に、会社員や主婦など色々な立場で仕事をしている人々をも含めたコミュニティ施設をめざし、先日ご紹介の会社員のキャリアコミュニティ「もう一つの仕事場」シングルペアレント支援としての「子供たちの、もう一つの放課後」という新サービスのスタートに際し、長い間、多くの方々にお世話になってきましたSO!Webサイトですが、今回全面的にリニューアルすることにしました。

新しいWebサイトの特徴としては、

1)「もう一つの仕事場」と「子供たちの、もう一つの放課後」の新しいサービス分野の追加

2)現サイトを大幅に見直し、既存分野はシェアオフィスとレンタルスペース(会議・研修・イベントスペース)に限定

3)現サイトのSO!OFFICE BLOGとTopicsを統合整理して、SO!の仕事内容に関連したトピックスは「最新情報」としてお伝えし、一方、BLOG欄は、SO!の事業分野に関連した内容だけでなく、働く人々の現状や問題点、更には現代社会の政治や経済に関する個人的見解も交えた、幅広い情報発信の場にする。

などを主眼としています。

現在のサイトとまた違った「新しい機能と使い勝手の良い」サイトとして、皆さんに引き続きご愛顧頂ければ幸甚です。