新分野に挑む女性起業家

 『コミュニケーション力を活かしたマーケティング請負人』

   DSCF2018-2.jpg

(株)セロリ 辻 美奈子さん

6月の「SO!今月の顔」は、新しいマーケティング手法に挑戦したいと、昨年11月に起業された、(株)セロリの辻美奈子さんです。6月最初の月曜日、SO!Shiodome139のオフィスでお話しを聞かせて頂きました。

辻さんは、昨年10月までは、洋酒の輸入とマーケティングを業務とする会社で、マーケティングとPRのお仕事を長く担当されてこられたとの事で、都内や近 県のレストランやバーなど、「大人の遊び場」には仕事柄お詳しいとのことであるが、ご本人は、ご覧の通り大変爽やかで明るい女性です。(笑)

辻さんのお仕事は、商品やサービスの市場調査から商品開発・宣伝販売までの一連の仕事を請負うマーケティング関連業務であるが、一口にマーケティングと 言っても、文字通り、市場調査からマーケット作り、商品開発、商品や広告物のデザイン、販売先や客層の選択、宣伝販売まで、あらゆる分野に及ぶ事になるの で、大手クライアントや広告代理店を経由した仕事になると、各分野の担当者や職種の人が絡んだ仕事になる事が多いようである。

一方、辻さんがめざしている「新しいマーケティング」(ネーミングは現在検討中とのことです)は、色々な職種の人がリレー式に完成するスタイルではなく、 自身のネットワークやチームをベースに、クチコミやコミュニケーションを駆使しながら、市場調査から、デザイン、販売経路までトータルに請け負う新しい マーケティングスタイルと言う事である。

『マーケティングで大切なのは、チーム力ですね!』

とおっしゃっていたが、特に、クチコミやコミュニケーション能力は、男は女性に叶わないから、その女性の強みを活かした新しいマーケティング手法が確立出来れば、きっと面白い仕事になりそうである。

『そんな事で、私の場合は、大手クライアントや広告代理店経由の仕事ではなく、中小クライアント、或いは新分野の仕事を経営首脳からダイレクトに請け負うスタイルに拘って行きたいと思っています。今動き出した『天然成分100%の化粧品「春狩り」』のマーケティングも、自動車部品メーカーからの依頼で社長を中心に数人のスタッフでやっています』

と、めざす新しいマーケティングの仕事が始まりそうで、大変充実している様子でした。

大手企業への就職や転職が大変厳しい昨今だが、企業規模で仕事を探すのでなく、例えば、マーケットは小さくとも、自分流の特色を生かせる仕事分野を、自分 自身で見つけ出すという発想に立てば、まだまだ起業可能な分野は残っているだろうと、辻さんのお話を聞いていて強く感じた。大切なのは「自分の好きなこと を仕事にしよう!」と言う強い思いなのだろう。

そう言えば、辻さんの「起業のキッカケ」が大変ユニークだったのでご紹介しておこう。

Q1:起業の理由と言うか、キッカケはなんですか?

海外出張中の飛行機の中でマーケティングに関する新聞記事を読んでいた時に、突然、「そうだ、京都に行こう!」のテレビCMのように、『そうだ!起業しよう!』と思い立ちました!

と、いかにも辻さんらしい、爽やかな笑顔で答えて頂いたが、それが、洋酒輸入の会社から別の会社に転職して2ヶ月目の決断と言うところが面白い!まさに、 「ご縁」としか言いようがない話しである。その転職先との「縁」とは、辻さんと新しいマーケティングの仕事との出会いの為だったと言うことになるのかな? (笑) —引き続き「起業その後」についてお聞きしてみた。—

Q2:起業してみて予想以上に大変だったことは何かありますか?

『肩書きがなくなった事ですね!』と即答!

立ち上げたばかりの(株)セロリの代表取締役という肩書きは、まだまだ、世間一般の信用力がないと言う意味でしょうが、逆に言えば、その肩書きを大きな存在に出来るのは自分しかいないと言う思いが、きっと、今後の(株)セロリの活力源となるでしょう!

Q3:マーケティングの仕事の他に、検討中の事業分野はありますか?

『Webサイトを作って、日本のお酒文化を海外に紹介したいと思っています!』

Q4:日本のお酒文化って、日本酒ですか?

『海外のワイン好きな人には日本酒も好まれると思いますが、私が紹介したいのは、日本のカクテルなんです。日本のカクテルを作る技術はすばらしいですよ!味に遊び心が少し足りないですけどね!(笑)』

という意外なお話しで驚きましたが、一途で繊細な日本人だから、海外の本場とは又違った『素敵なカクテル』を作り出せるのでしょうね。なるほど、私も大変勉強になりました。

Q4:最後の恒例のご質問ですが、起業に当たりSO!を選んで頂いた理由と、入居後の感想は?

『日経新聞に掲載されていたSO!の記事を読んで、実際に内覧して即決しました。それま でにも色々なレンタルオフィスを内覧したのですが、私、閉所恐怖症なので、狭いスペースに閉じこめられる感じはダメなんですよ!汐留オフィスは天井が高く 開放感があったので、ここなら良いかな!と思いました。』

『入居後の感想は、駅から近いのが良いですね。それに、日テレの側なので、色々なお店が揃っていて便利ですよ!』

 

以上、雑談を交えながらの一時間余りの取材となりましたが、お忙しい中、色々楽しいお話を聞かせて頂き有難うございました!  (長屋大家 北村)